先生

原因と対策

自分で治すには

尿漏れというのは、無意識のうちに尿が漏れ出してしまう状態のものです。この症状が起こるのは女性の方が多く、40代くらいから見られるのが一般的です。特に病気などがない場合にも、起こることのある現象となっています。尿漏れというのは、非常に不快なものです。知らぬうちに下着を汚してしまうことも少なくありませんし、ニオイも気になります。そのため中には、外出を躊躇ってしまう人もいます。ですが実は、尿漏れは自分で治すことも可能なものなのです。その方法も簡単で、肛門を閉めるような運動をするだけでOKとなっています。しかも回数は1日10回程度で十分という手軽さです。肛門と尿漏れには関係がないように思われがちですが、肛門を締める筋肉というのは膀胱括約筋と連結しているのです。そのためこの運動を繰り返すことによって、膀胱括約筋が鍛えられるというわけです。テレビを観ながら、あるいは通勤途中など、ちょっとした時間に行うと無理なく続けられるでしょう。

尿漏れで悩む人の約90%が女性だと言われています。これは体の構造が関係しています。というのも女性というのは、男性よりも基本的に膀胱が小さいのです。そのため尿を溜めておける容量が少なくなっています。それに加え、女性は尿管が非常に短くできています。こうした身体の構造の違いによって、尿漏れは女性に多くなっているのです。また、高齢になってからの症状だと思っている人も多いのですが、実は早い人では30代くらいから見られる症状なのです。これは病気というわけではなく、膀胱括約筋や膀胱機能の衰えによって起こるものです。一般的に体の機能というのは20代をピークに下降していくものですので、30代で起こったからといって心配する必要はありません。またもし起こったときには、サプリメントやクリニックへの受診、治療によって解決することが可能です。

明るく毎日を過ごすために

尿漏れとは自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまい、生活上支障をきたしてしまう状況のことを指す。いつ起こるか分からない病気なので、予防や症状の改善の為に日ごろから無理なく続けられるトレーニングに取り組むことが大切である。

詳細を確認する...

いざという時に役立つ

池袋で泌尿器科を探す場合、駅周辺で探すことをお勧めします。通学や通勤の際、立ち寄ることができやすいからです。立ち仕事でトイレに行きにくく、膀胱炎になりやすいという人は、安心して通えるところを探しておくことをお勧めします。

尿に関する医療施設

ビジネスマンが泌尿器科に通うのは休日なので、都心から少し離れた埼玉県の様な地域が人気だと言われています。それは他の医療設備も同様ですが大きく異なる特徴が存在するのです。恥ずかしい部分を見られる事になるので、プライバシーの管理能力も泌尿器科では重要視されています。